A.現場代理人は、建設工事請負契約において定められた場合に常駐するようになります。

業務内容は、工事現場の取締、工事の施工、工事の事務に関する一切を処理する者として工事現場に置かれる請負人の代理人です。

監理および主任技術者(以下、技術者)は、建設業法に定められているため、建設工事の際は契約書に記載がなくとも設置しなければいけません。

技術者は、金額によって専任でないといけない場合もあります。

公共工事標準請負契約約款によって、多くの場合現場代理人と技術者は兼ねることができるとなっております。

多くの企業の場合、現場代理人と技術者が兼務して建設工事を行うようにしているようです。

現場代理人や技術者のことでお困りの際は、福岡の建設業専門 行政書士 陽光事務所にご相談ください。