A.経管になるには、次の要件を満たす必要があります。

1.経管になる者が、常勤の取締役(または個人事業主の代表者)であること
2.1の役員が下記のいずれかに該当すること

 許可を受けようとする建設業(業種)に関して、5年以上経営業務の管理責任者(下記例示)としての経験があること

・個人事業主だった者
・株式会社又は有限会社の取締役
・指名委員会等設置会社の執行役
・持分会社の業務を執行する社員
・法人格のある各種の組合等の理事

・許可を受けようとする建設業(業種)以外の建設業(業種)に関し、6年以上の経験があること
(以前は7年でしたが、平成29年6月30日に変わりました。)

・一部業種に関しては、条件が整っていないと経験年数を認められない場合もあります。

〇経営業務の経験とは?

資金調達、技術者等配置、契約締結等の業務全般に従事した経験(補佐経験)を指します。

証明書類(都道府県によって異なりますので、管轄の整備事務所にお問い合わせください。)

 業種の経験:以前の会社の建設業許可証等

 以前の会社で役員であったことの証明:会社登記簿

 補佐経験:工事請負契約書等に責任者として記名・押印している書面等

お悩みの時は、お気軽に福岡市の建設業専門の行政書士 陽光事務所の行政書士 高松までお問い合わせください。