A.

〇一般建設業は、下記の二つになります。

1.経験で取得

・受けようとする建設業(業種)で10年以上の経験があること
・高等学校で、指定学科を卒業し5年以上の経験
・大学等で指定学科を卒業し3年以上の経験

2.資格で取得

・受けようとする建設業(業種)に対応した資格があること
・資格取得後にある一定の経験年数を求められることもあります。

 

〇特定建設業で指定建設業(7業種)を取得しようとするときは、1級の国家資格者のみになります。

指定建設業(業種)以外も、一般建設業よりも厳しい様々な条件があります。

証明書類等(都道府県によって異なることもあります。管轄の整備事務所にお問い合わせください。)

1.実務経験で証明する場合:実務経験証明 年数分(請負契約書・請求書等)
・一部の業種は、条件を満たしていないと経験がないと判断される場合もあります。

2.資格で証明する場合:  資格者証の原本(携帯義務がある資格者証の場合、複写で認められることもあります。)

どちらの建設業を取得したら会社の為になるのか迷っていらっしゃる方は、お気軽に福岡市の建設業専門の行政書士 陽光事務所の行政書士 高松までお問い合わせください。