A.建設業の変更は、般・特新規という手続きになります。

この手続きは、一般建設業者が下請けに依頼する工事金額の総額が4000万円以上になる場合などに、特定建設業へ、または、特定建設者が様々な事情によって特定建設業を維持することが難しくなったときに、一般建設業へ換える手続きになります。

申請手数料は、都道府県知事許可業者が換えるときは、90,000円

大臣許可業者が換えるときは、150,000円になります。

業務拡大の必要がある等でお悩みの際は、お気軽に福岡市の建設業専門の行政書士 陽光事務所の行政書士 高松までお問い合わせください。