A.工事の請負に関する契約ではないので、現場事務所で行っても大丈夫です。

工事の請負や入札に関する契約の作業は登録している営業所でしかできません。

しかし、建設工事請負契約は、建設工事の完成させることを目的としているため、資材の調達は工事の完成には必要であっても、資材調達によって建設工事が完了することはあり得ないので、問題ありません。

工事の請負で気になることがあれば、お気軽に福岡市の建設業専門の行政書士 陽光事務所の行政書士 高松までお問い合わせください。