A.建設業許可を受けた事業者は、許可を受けていることを表示しなければいけません。これを標識と表します。

この標識には法律に定められた事項を必ず書き、かつ、一般の人が見やすい場所に掲げていないといけません(建設業法第40条)
(縦35㎝以上、横40㎝以上)

1.一般建設業・特定建設業の表示
2.許可年月日、許可番号、許可を受けた建設業の業種
3.商号または名称
4.代表者の氏名
5.この営業所で営業している建設業の業種

1~4は、本店・支店ともに共通です。

2は、許可を受けているすべての業種

5は、配置されている専任技術者によって営業できる業種

看板でどのようにすれば分からないとお悩みの方は、お気軽に福岡市の建設業専門の行政書士 陽光事務所の行政書士 高松までお問い合わせください。