A.請負とは、請け負った人が仕事の完成を約束して、依頼人は代金を支払うことを約束する契約です。(民法632条)

しかし、建設工事における請負は若干意味が異なることもあります。

建設工事では、工事の完成を目的とするものは、どのような契約(委託・雇用)であったとしても全て請負契約とみなして法律を適用することとしています(建設業法第24条)