A.オペレータの作業が建設工事に係るものであれば建設工事に該当します。

建設機械だけのリースなら、建設工事にはなりません。

この場合で注意すべきことは、オペレータが建設業法に基づく請負契約を元請等と結んでいない場合には、労働者派遣法で禁止されている行為に該当する可能性があります。

建設機械のリースなどでオペレータを派遣する・派遣してもらう場合の契約書などでお困りの際は、福岡の建設業専門 行政書士 陽光事務所にご相談ください。

契約書作成も行います。