A.建設業に、なる可能性があります。

建設業はある造作物の完成を目的としていますので、ただ単に点検を行い消耗部品の交換のみで完了するようなものは、建設工事には該当しません。

しかし、設備の機能向上や設備の劣化した機能を回復させることを目的としているものは、内容が軽微であるとかないとか関係なく建設工事になります。

何が建設工事になるかわからなくてお悩みの方は、福岡の建設業専門 行政書士 陽光事務所にご相談ください。

建設工事に該当しない業務(例示)

・剪定、除草、草刈、伐採、除雪
・保守、点検、消耗部品の交換
・運搬、残土搬出、埋蔵文化財発掘
・土地に定着しない動産に係る作業
・調査、測量、設計
・警備

個別具体的なものに関して、管轄にある整備事務所にご確認ください。