A.建設工事請負契約を締結するときには、最低限下記内容を記載したものを、当事者が署名又は記名押印してお互いに所持するものになります。

契約書の作成などでお困りの際は、福岡の建設業専門 行政書士 陽光事務所にご相談ください。

1.工事内容
2.請負金額
3.工期の開始時期・完了時期
4.支払方法
5.工事に関する変更の規定、損害の範囲・算定方法
6.天災等の不可抗力による工事に関する変更の規定、損害の負担方法・算定方法
7.材料の価格変動による大金額、工事内容の変更の規定
8.第三者が損害を受けた場合の賠償金の負担方法
9.発注者からの材料の支給・貸与品の内容・方法
10.工事完成検査の時期、方法、引き渡しの時期
11.完成後の代金支払い時期、方法
12.瑕疵担保責任、責任の履行に関する補償保険契約などの内容
13.債務不履行の場合の遅延利息などの損害金
14.契約に関する紛争の解決方法