A.建設工事の設計又は施工の全般について、工事現場主任者又は現場監督のような立場で工事の技術面を総合的に指導官と記した経験(発注者又は下請の経験は含まれません。)許可を受けようとする建設業の業種に係る建設工事で、発注者から直接元請けとして請け負い、その請負代金の額が4500万以上であるものです。

建設業の許可業種について技術者の経験のことがよく分からない方は、福岡の建設業専門 行政書士 陽光事務所にご相談ください。