A.建設工事の施工管理に関して一定の要件を満たすものが指揮監督する役割を負うのが専任技術者です。(建設業法第7条第2号)

役割:営業所において請負契約の締結および施行を完了までの人員配置・工程等を管理する。

資格:一般建設業の場合

イ.業種に係る関連学科の高等卒業後5年以上、または、大学を卒業後実務3年以上の実務

ロ.10年以上の実務

ハ-1.旧実業学校検定に合格後5年以上、専門学校卒業程度検定に合格後3年以上の実務

  2.業種に係る関連学科の専門学校を卒業したのちに5年以上、または、専門士・高度専門士の者は3年以上の実務

  3.業種に係る資格を有する者

4.その他、国土交通大臣が個別の申請に基づき認めた者

実務とは、技術上の経験であり建設工事の施工に携わった経験を指します。雑用や事務員の期間は含まれません。

技術者の登録のことでお悩みの方は、福岡の建設業専門の行政書士 陽光事務所にご相談ください。