A.主任技術者は、特定建設業で監理技術者を配置する必要がある工事以外は、請け負った工事の現場に設置する必要がある人です。

イメージ的には、監督と呼ばれる人だと思ってください。(厳密には違います。)

主任技術者は、公共性のある建造物に関する建設工事で3500万円(建築一式は7000万)以上のものになるときは、専任でなければならないため、常駐する必要があります。

役割:建設工事を適正に施工する必要があるので、施工計画・施工管理・品質管理等の技術上の指導監督を行います。

資格:1.業種に係る高等学校の関連学科卒業後5年以上の実務経験、大学の関連学科卒業後3年以上の実務経験

 2.業種に係る工事について10年以上の実務経験

 3.業種に係る資格を有する者

これらの資格要件は、一般建設業の場合に営業所に常駐義務のある専任技術者と同等の要件になります。

技術者資格のことでお悩みの方は、福岡の建設業専門 行政書士 陽光事務所にご相談ください。