A.建設工事を施工する建設業者は、全ての工事現場に主任技術者、または、監理技術者を配置しなければいけません。
一式工事で受注した工事を自社で専門工事を行うときは、一式工事の技術者を配置したうえで、専門工事が必要な場合にはその業種に応じた主任技術者を配置する必要があります。(建設業法第26条の2)

また、専門工事の業種で許可を受けている建設業者が、附帯工事でその他の業種の工事を行う場合にも、業種に応じた資格を持つものを配置する必要があります。(同法同条)

ただし、一式工事の主任技術者が別の業種の主任技術者の資格を持っているときは兼務することが可能です。

技術者の資格のことでお悩みの方は、福岡の建設業専門 行政書士 陽光事務所にご相談ください。