A.附帯工事とは、主たる建設工事を請負った際に行う必要がある工事のことです。(建設業法第4条)

機械設備工事の場合、機械を据え付けるだけでは足りず、菅の取り付け配管などの工事を行う必要がある場合には管工事が附帯工事になります。

附帯工事で500万円以下の場合には、許可を受けなくても行うことができますが、要件を備えた技術者を配置する必要はあります。

請け負った工事について不明点などございましたら、福岡の建設業専門 行政書士 陽光事務所にご相談ください。