A.以下の要件を満たす場合は変更可能です。

1.技術者の死亡または退職等のやむを得ない事情があるとき

2.請負建設業者の責めによらない理由により、通常予期しない工期の延長が行われたとき

3.ダムやトンネル工事など、工期が多年になる場合

しかし、このような要件を満たしているとはいえ、発注者や元請事業者との話し合いを行い施工内容に障害が無いように配慮する必要がありますので、十分ご注意ください。

技術者のことでお悩みの方は、福岡の建設業専門 行政書士 陽光事務所にご相談ください。