A.以下のような処分がなされます。(建設業法第28条)

1.指示処分
違反したところを是正するように都道府県庁から指導を受けます。

2.営業停止処分
指示処分に従わないときは、営業停止にされます。
一括下請負禁止違反・独占禁止法・刑法などの他法令に違反した場合には、指示処分を行うことなく営業停止もあります。

3.許可取り消し処分
不正な手段を用いて建設業許可を受けたり、営業停止処分を無視して営業したときは、都道府県庁から取消処分を受けることもあります。
また、一括下請負禁止違反・独占禁止法・刑法などの他法令に違反した場合には、営業停止処分などを行うことなく許可取り消しもあります。

更に建設業法にも、懲役刑や罰金刑もあります。(建設業法第45条以下)

こういう場合どうなるんだろうと悩む前に、福岡の建設業専門 行政書士 陽光事務所にご相談ください。