A.営業停止になると官報や公報で発表されます。

では、どのようなことをしたら営業停止になるのか?という一例をあげます。

1.経審の際に、工事完成高を水増しなどの虚偽申請を行って公共工事を受注したとき

2.一括下請けを行ったとき

3.不適切な工事の施工によって、一般の人に被害を与えたとき

4.建設業許可を持っていない業者に対し、500万円を超える工事を下請け契約したとき

その他にもございますが、違法行為はほぼダメだということです。

違法かどうかわからないなと思うときは、迷わず福岡の建設業専門 行政書士 陽光事務所にご相談ください。