A.営業停止処分の通知を受けた日から2週間以内に行わなければいけません。

相手は、その時に工事を行う契約をしている相手方に対して行います。

工事注文者(施主)は、通知を受けた日、または、処分があったことを知った日から30日以内は、その工事の請負契約を解除することができます。

受け取りを拒否している等でも、営業停止処分の通知が相手に届いたと判断されるため、まだ受け取っていないという言い訳は通じませんのでご注意ください。

営業停止処分になりそうで困っている方は、福岡の建設業専門 行政書士 陽光事務所にご相談ください。