A.営業禁止命令は、新たな営業をすることを禁止しているものになります。会社というより会社の役員や支配人といった立場の人に出されます。

これは、営業停止処分を出しても処分を受けた会社の役員等が、他の新しい会社の役員や責任者になって営業停止処分の責任を免れることを防止するためです。(建設業法第29条の4)

そのため、営業停止処分と営業禁止命令は同時に出ます。

ですが、営業停止等の処分を受ける以前から別の会社の役員になっているときは新たな営業とは言えないため、該当しないこととなります。

期間は、営業停止処分と同一の期間となっています。

営業停止等の処分がきてしまうかも?というときにお悩みの方は、福岡の建設業専門 行政書士 陽光事務所にご相談ください。