A.建築資材の購入は、新たな建設工事の契約では無い為、購入しても構いません。

ただし、資材購入という名目で新規建設工事の完成を目的とした契約に当たるときは、建設工事の請負契約とみなされます。(建設業法第24条)

また、営業停止期間空けに新規の建設工事を請負うことが予定されていて、その工事のために必要な資材購入は、建設工事の新規請負契約とみなされる恐れがあるためしてはいけません。

営業停止になりそうだ、または、なるかもしれないとお悩みの方は、福岡の建設業専門 行政書士 陽光事務所にご相談ください。