A.下請け金額が500万円未満の工事であれば、元請がいくらの工事を請負ったとしても問題ありません。

根拠は、建設業法第2条第二項と同法第三条第一項にあります。

第2条第二項に「建設工事の完成を請負う営業」と規定されています。
この条文は、請負う工事が元請下請は関係なく、請負った場合に建設工事を完成させることが目的です。
建設工事の完成と言うと、全ての工程の完成をイメージされるかもしれませんが、部分的に屋上の防水工事を請負ったときには、屋上の防水工事を完成させることが目的になるため、防水工事の完了を持って完成と考えます。

次に第3条第一項に、ただし書きで「政令で定める軽微な工事のみを請負うことを営業とする者は、この限りでない」と建設業の許可に関する除外の規定もあります。
この場合の政令とは、「建設業法施行令」を指しています。同施行令の第1条の2に金額は500万円未満と記載がありますので、下請として500万未満の工事を請負うことに何も問題はありません。

この場合、注意すべきは元請さんの方ですね。その建設工事において下請けに発注する総額が4000万円以上(建築一式は6000万以上)になるときは、特定建設業許可が必要になります。

こんなときどうなるの?とお困りの方は、福岡の建設業専門 行政書士陽光事務所にご連絡ください。回答可能な範囲でお答えします。