A.一式工事は、総合的な工事の施工管理を行うことです。許可の無い業種は軽微な工事に当たるものも受注可能です。

しかし、軽微な工事の金額(500万円)以上の工事は、専門工事の許可を取得しないと受注できません。

一式工事は、イメージしやすいモデルを例えるとゼネコンと言われる会社に当たります。

ゼネコンは、下請の専門工事業者に専門工事を依頼して工程や進捗状況・仕上がりの管理しますよね。

これが業種としての一式工事です。

専門工事と一式工事どちらを取得したほうがいいかわからないという方は、お気軽に福岡市の建設業専門の行政書士 陽光事務所の行政書士 高松までお問い合わせください。