高松太郎さんが、株式会社陽光建設を設立しました。

太郎さんは、高校卒業後に「建設会社 福岡(防水工事業)」に26年勤めていて、辞める前の5年2カ月は取締役として勤務していました。

部下で優秀な技術者の「博多 建治」さんと一緒に独立しました。

 

会社設立時に、妻の花子を株主として半分出資してもらい、父である三郎さんを非常勤の取締役にしました。

跡継ぎのことも考え、息子の次郎を取締役に就任させて、福岡県知事の一般建設業許可を取得する運びになりましたが、必要な書類と申請書はどんな感じになるのか見てみましょう。

 

 まず、申請書はどこにあるのでしょうか?

建設業組合で購入することができます。

購入したいときは、管轄の建設業組合に在庫や営業時間等をお問い合わせください。

次に、申請書を手に入れたとしても書き方が全く分かりません。

そこで以下の様に書き方を書いたものをご用意しておりますので、確認しながら書いてください。

まず、必要な書類を集めるところから始めます。

1.住民票(本籍地記載・マイナンバー無し)【市町村役場】

2.本籍地発行の身分証明書【本籍地の市町村役場】

3.登記されていないことの証明書【法務局】

4.会社の登記簿謄本、もしくは、個人事業主なら5年以上の確定申告書

5.直近三年間の全ての工事請書、発注書、請求書

6.決算書

7.経営管理の責任者・専任技術者になる人の年金記録【年金事務所】

8.社会保険・雇用保険に事業所が加入している場合は、事業所整理記号等

9.納税証明書・未納が無いことの証明書【県税事務所】

以上のものは、最低限ご用意ください。

なるべく最新の情報に変えるようにはしていますが、追い付かないときもありますので詳細は県庁で確認してください。

専門家に任せて手軽に県知事一般許可を新規で取得されたい方は、福岡の建設業専門 行政書士事務所 陽光事務所までご連絡ください。