様式1の申請書を書き終えたら、工事経歴書の作成に移ります。

・工事経歴書は、新規建設業許可の場合、500万円未満の工事の記載が10件以上必要です。

・そして、元請→下請の順番、かつ、金額順に記入しなくてはいけません。

・日付順ではなく金額順です。

・小計は、この用紙に記入した数字、合計はその年度に行ったすべての工事の合計を記入します。

 

※この工事経歴書の書き方は、新規許可取得のためのものです。

決算変更届等の場合と異なりますのでご了承ください。

 

掲載している情報は最新でない場合もございます。

また、掲載している情報は見本であり、事業者によっては異なる場合もございます。提出前に県庁の建築指導課等に確認をお願い致します。

専門家に任せて手軽に県知事一般許可を新規で取得されたい方は、福岡の建設業専門 行政書士事務所 陽光事務所までご連絡ください。