様式4は、使用人数つまり従業員数です。

これは、専任技術者になれる資格を有する者と有しない者で大別し、有しない者は現場で働く人or事務員で分けます。

この書類は、考える必要は無いと思いますので事実を簡単に記載してください。

専任技術者になれるものが多ければ、主任技術者(工事経歴書の技術者欄)に書ける人も増えるので、要件を満たす人が多い方がいいです。

工事経歴書に書いた技術者の数よりも、こちらの方が少ない人数になるとおかしなことになりますので、注意が必要です。

 

掲載している情報は最新でない場合もございます。

また、掲載している情報は見本であり、事業者によっては異なる場合もございます。提出前に県庁の建築指導課等に確認をお願い致します。

専門家に任せて手軽に県知事一般許可を新規で取得されたい方は、福岡の建設業専門 行政書士事務所 陽光事務所までご連絡ください。