この様式6号の誓約書は、会社が発行する物なので1枚提出すればいいです。

何のための誓約書なのか?と言いますと、申請した人と申請した会社の役員全員と支店があるときは支店長(営業所代表者)が欠格要件に当たらないということを会社が約束するものなのです。

もしも、欠格要件に該当する方が一人でもいた時には建設業許可を取ることができないので、建設業許可の取得を考えるときは、会社登記簿と本籍地役場発行の身分証明書と登記されていないことの証明書を先に取得して確認しておくことをオススメします。

 

掲載している情報は最新でない場合もございます。

また、掲載している情報は見本であり、事業者によっては異なる場合もございます。提出前に県庁の建築指導課等に確認をお願い致します。

専門家に任せて手軽に県知事一般許可を新規で取得されたい方は、福岡の建設業専門 行政書士事務所 陽光事務所までご連絡ください。