許可申請する事業者の取締役や代表者が記入して提出する書類になります。

過去に、建設業法上の違反があったとき、その他にも刑罰等、または、表彰などを受けたときは記入するものです。

署名の欄の印鑑は、姓が同じ人(親族)がいるときには、別の印鑑を使用してください。

その人だけの印鑑を使用しましょう。

 

掲載している情報は最新でない場合もございます。

また、掲載している情報は見本であり、事業者によっては異なる場合もございます。提出前に県庁の建築指導課等に確認をお願い致します。

専門家に任せて手軽に県知事一般許可を新規で取得されたい方は、福岡の建設業専門 行政書士事務所 陽光事務所までご連絡ください。