この様式は健康保険の加入状況を報告するものです。

 

社会保険(社会保険事務所)は、会社の場合、従業員が0人でも加入義務があります。(取締役は、会社に雇用されていると判断するため)

個人事業主の場合、5人以上は加入義務があります。しかし、個人事業主でも従業員が1名でもいるときは、従業員のためにも加入することをオススメします。

※この場合の社会保険は、健康保険と厚生年金を含んでいます。

 

労災保険(労働基準監督署)は、元請工事を受注したときは、受注した日から10日以内に工事現場ごとの労災に加入します。

しかし、一人親方の場合、自分しか仕事をしない時には、何かあったら不安ですよね。

常に労災保険を掛けることはできないかと思われている場合は、一人親方労災に加入することをオススメしています。

 

また、雇用保険(ハローワーク)は、従業員がいない時には加入できません。

 

1名でも雇用したときには、雇用保険と労災(会社業務に従事)は、加入しなければなりません。

 

 

掲載している情報は最新でない場合もございます。

また、掲載している情報は見本であり、事業者によっては異なる場合もございます。提出前に県庁の建築指導課等に確認をお願い致します。

保険関係に関しては、カッコ書きの担当窓口へ詳細をお尋ねください

専門家に任せて手軽に県知事一般許可を新規で取得されたい方は、福岡の建設業専門 行政書士事務所 陽光事務所までご連絡ください。