5.建設業許可の欠格要件って何ですか?

福岡で建設業許可申請を主に取り扱っている行政書士陽光事務所の行政書士 高松です。

 

まず、建設業許可申請の基本となる部分からQ&Aとして書いていきます

 

条文上は、色々書かれてます。すべてを書くとかなり長くなるので、ざっくり書きます。

 

欠格要件に該当する人は以下のような人です。

1.被後見人・被保佐人・破産者で復権を得ていない者

2.以前の建設業の許可取り消しを受けた日から5年を経過しない者

3.前の建設業許可の取り消しを受けた日に取締役または支配人だった者がいる場合、取り消しを受けた日から5年以上経過していない者

4.建設業許可の営業停止期間中の者

5.禁固以上の刑になった者で刑の執行が終わった、または、執行猶予期間が終わって5年を経過しない者

6.反社会勢力の構成員、または、構成員ではなくなった日から5年を経過しない者

7.未成年者で営業の許可を受けている者で、その法定代理人が上記1~6に該当する者

8.会社で取得したいときに、取締役や支配人に上記に該当する者がいる場合

9.反社会勢力の構成員が、事業の活動を支配している場合

 

上記のような人に該当する人が取締役にいても建設業許可は取れませんので、最初にチェックしたほうが良いポイントと言えるでしょう。

 

欠格要件に該当するかどうかわからないなという場合、福岡の建設業専門の行政書士陽光事務所にお気軽にお声掛けください。

 

 

よくある質問 http://kensetsu.fukuoka.jp/question

自分でやろう建設業許可申請 http://kensetsu.fukuoka.jp/自分でやろう建設業許可申請/

お問い合わせフォーム http://kensetsu.fukuoka.jp/contact

電話でのお問い合わせも受け付けております。お気軽にお問い合わせください。