6.建設業許可の財産的基礎って何ですか?

福岡で建設業許可申請を主に取り扱っている行政書士陽光事務所の行政書士 高松です。

 

まず、建設業許可申請の基本となる部分からQ&Aとして書いていきます

 

まず、会社(法人)の場合は簡単です。

資本金が500万円以上であれば証明できます。

設立から半年とか1年経っている場合には、建築指導課に確認して指示を仰いでください。

 

個人事業主の場合には、登記もないし、どうやって証明するのか?というと、確定申告書や工事代金の未回収分の請求書+工事請負書のセットなどを提出することで証明していきます。

 

弊所では、資金があることを証明するためにも、会社・個人事業主のどちらの場合でも、銀行の残高証明を添付するようにしております。

 

ちなみに、銀行の残高証明の有効期限は1か月以内に発行されたものになるので、その他の証明書類がすべて揃えたのちに用意したほうが、期限切れを気にしなくていいので、その方法をオススメします。

 

財産的基礎を有する証明はどうしたらいいかわからないという場合、福岡の建設業専門の行政書士陽光事務所にお気軽にお声掛けください。

 

 

よくある質問 http://kensetsu.fukuoka.jp/question

自分でやろう建設業許可申請 http://kensetsu.fukuoka.jp/自分でやろう建設業許可申請/

お問い合わせフォーム http://kensetsu.fukuoka.jp/contact

電話でのお問い合わせも受け付けております。お気軽にお問い合わせください。