ウイスキートークに行ってきました

福岡市の行政書士 陽光事務所の高松です。
建設業許可申請を主に取り扱っております。

もう二週間ほど前の話になりますが、ウイスキートーク2018に行ってきたことを書きます。

 

ウイスキートークとは、福岡で年一回開催されるウイスキーのイベントです。

 

他の地域で開催されるときは、名称が異なります。
名古屋だったらウイスキーラバーズとか、大阪だとウイスキーフェスティバルなどです。

私は、福岡在住なので他の地域に行くことはほとんどないのですが、ウイスキートークは、東京や北海道などの遠方からいらっしゃってる方も多いようです。

 

私にも少数ですが他地域の方で、年に一回のウイスキートークでしか会わない方がいます。
イベントでしか会えない人って特別な感じがしていいですよね。
個人的感想はここまで・・・

 

さて、今回行った行動を書きます。

まずは、入場してすぐに始まる「山岡秀雄さんのテイスティングセミナーですね。」

ウイスキートークに行き始めてから、毎回欠かさずに参加しています。

他のセミナー料金が3000円前後なのを考えると、セミナー料金が8,000円と少し高いなと思う金額ですが、内容を考えるととても安い金額です。

なにせ、世界的に有名なコレクターである山岡氏の話が直接聞けるチャンスなんてそうそうないのです。

しかも、彼のコレクションのテイスティング付きなので、色々考えずとも、この金額は格安だと思います。

 

今年は、シェリーカスクのお話も非常に面白いものでしたが、テイスティングしてみると熟成させた樽の違いが微かに感じることができるボトルばかりでした。

テイスティングさせていただいたリストはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どれもとても美味しかったので、優劣をつけることは非常に難しいのですが、個人的には5番のspeyside region malt 1973-2017 43y sherry buttが一番好きでした。

ただ、このセミナーはテイスティングノート(感想)を求められるのが微妙にプレッシャーではあるのですが(笑)

その緊張感も含めて最高のセミナーだと言えると思います。

 

来年もあったらまた行きます。

 

ちなみに、今回はウイスキー文化研究所の土屋代表もいらっしゃっていました。
幾分かお痩せになられた印象を受けたので、お体は大丈夫なのかな?と思いましたが、直接聞くのは無粋なので、伺いませんでした。

 

あと非常に興味を持ったウイスキーといえば、こちらのハワイのウイスキー「Ala Wai」ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

これも欲しいなと思うものでしたが、残念なことに市販されているものではないということで、このようなイベントでしかテイスティングできない貴重なウイスキーです。

今回も多くの人やお酒との出会いを頂きました。

 

お読みくださっている皆さんも、ウイスキーに興味があったら、是非ウイスキートークにいらしてください。

 

例年、ウイスキートークは、6月の第二週前後の土曜に開催されています。
チケット販売は、4月くらいからです。(お近くのバーやe-チケットでお探しください)

 

このイベントはセミナーに参加しなくても、すごく楽しめます。

 

さて、今日も仕事と全く関係のない趣味の話を書いてしまいましたが!!!

 

福岡で、申請や手続きが面倒だから誰かに頼みたい、もしくは、こんなときはどうするの?と行政(役所)関係のお悩みなどございましたら、福岡市の行政書士陽光事務所の高松がお力になります。
いつでもご相談ください。
お待ちしております。