地域の防犯活動に参加してきました。

福岡市の行政書士 陽光事務所の高松です。

建設業許可申請を主に取り扱っております。

 

本日は、行政書士の業務以外の日常のことを書きます。

 

私は、保護司をさせていただいているため地域の防犯活動にも参加しています。

 

先日は、夜間の防犯パトロールに行ってきました。

 

はじめての参加だったので、ちょっとドキドキしました。

 

父兄の会(PTAではない、任意団体)の方々や、消防団、そして警察官の方と10名一組くらいになって巡回しました。

 

なんというか、防犯パトロールってもっと殺伐としたものだと思っていましたが、非常に和やかな雰囲気で巡回するというもの。

 

途中、児童(小学生)や生徒(中高生)に出会ったら、挨拶を行い、不審な感じがしたときは何をしているのか聞く

 

とか

 

無灯火の自転車には、灯火するように注意したりするのです。

 

児童や生徒は、大体が塾帰りとか習い事の帰りなので、特に問題もないところに安心しました。

 

しかし、無灯火の方は音楽を聴きながら走っている方もいて、注意をしても聞こえているのかどうなのかわからない方が多く、ほとんどの方に無視されました。

 

自転車事故は、思ったより大きな事故になることが多く、賠償額が増加傾向にあるため、ライトをつけて相手を守りつつ自分の防御もするように心がけた方が、余計な面倒も増やさなくて良いのにと、個人的には思います。

今回は、別の予定があったので、一人だけ早めに上がらせていただきました。

 

毎月やっていることなので、出来る限り参加しようと思います。

 

やっぱり自分の住んでいる地域が、安全な地域であるようにしたいですよね。

 

こういうボランティア活動も重要だなと思います。

 

 

さて、こんなときはどうにかならないのかな?や行政の手続きが面倒だ!などで、お悩みの方は福岡市の行政書士陽光事務所にお気軽にお問い合わせください。