不当に低い請負代金および指値発注の禁止

 

福岡市で建設業許可申請を主にやっている行政書士陽光事務所の行政書士高松が意訳解説する建設業法

(個人的な解釈であり、参考程度にご覧いただければ幸いです。)

 

条文 

第十九条の三 注文者は、自己の取引上の地位を不当に利用して、その注文した建設工事を施工するために通常必要と認められる原価に満たない金額を請負代金の額とする請負契約を締結してはならない。

 

意訳解説

第一項 発注者(施主・元請等)が、地位を利用して、下請工事業者に「通常必要となる経費」を下回る金額(不当に低い請負代金)を提示してはいけません。

 

また、通常よりも短い工期を提示・指示し、そのために人件費等の経費が多くかかるにもかかわらず、その多くかかる人件費等の経費を無視した金額を指定して工事を請負わせてはいけません。

 

工事代金を提示するにしても、その工事(工事内容や工期)に見合う適正な金額を下請け業者と話し合う、または、双方の合意を得ることが前提です。合意がなく、発注者から一方的に低い金額で請負わせることは、この条文に抵触することになります。

 

参考文献等

建設工事標準下請契約約款
建設業法
建設業法施行令
建設業法施行規則
建設業法遵守ガイドライン

 

福岡市で、申請や手続きが面倒だから誰かに頼みたい、もしくは、こんなときはどうするの?と行政(役所)関係のお悩みなどございましたら、福岡市の行政書士陽光事務所の高松がお力になります。
いつでもご相談ください。
お待ちしております。

 

TOPページ
よくある質問
自分でやろう建設業許可申請 
お問い合わせフォーム