不当な使用資材等の購入強制の禁止

 

福岡市で建設業許可申請を主にやっている行政書士陽光事務所の行政書士高松が意訳解説する建設業法

(個人的な解釈であり、参考程度にご覧いただければ幸いです。)

 

条文 

第十九条の四 注文者は、請負契約の締結後、自己の取引上の地位を不当に利用して、その注文した建設工事に使用する資材若しくは機械器具又はこれらの購入先を指定し、これらを請負人に購入させて、その利益を害してはならない。

 

意訳解説

第一項 発注者(施主・元請)は、下請工事の契約が終わった後に、立場を利用して、注文した工事に使用する資材や機械器具等の購入に関して、販売店を指定したりして無理やり、下請建設工事業者に購入させ、下請建設工事業者の利益を圧迫するようなことをしてはいけません。

 

施主は自己の望む建築物が欲しくて、注文するわけです。

そのため、契約をする前であれば、施主が購入する資材などを指定するのは、当然の行為なので、何も問題はありません。

 

ここで問題になっているのは、契約後に指定し、強制した場合です。

請負った建設事業者は、どのような資材を使うかは自由に決定できると思い、購入店等を決め、なるべく費用を抑えるための努力をします。

そのため、金額が決定した契約後に、資材の購入指定を行うなどをされてしまうと、当初の見積金額と異なるべきなのに、当初の予定通りの金額でさせるのは、この条文に違反すると言えます。

よって、契約前に資材等の指定があるのならば、先に指定しておかなければいけません。

 

参考文献等

建設工事標準下請契約約款
建設業法
建設業法施行令
建設業法施行規則
建設業法遵守ガイドライン

 

福岡市で、申請や手続きが面倒だから誰かに頼みたい、もしくは、こんなときはどうするの?と行政(役所)関係のお悩みなどございましたら、福岡市の行政書士陽光事務所の高松がお力になります。
いつでもご相談ください。
お待ちしております。

 

TOPページ
よくある質問
自分でやろう建設業許可申請 
お問い合わせフォーム