元請負人の下請負人に対する義務

 

福岡市で建設業許可申請を主にやっている行政書士陽光事務所の行政書士高松が意訳解説する建設業法

(個人的な解釈であり、参考程度にご覧いただければ幸いです。)

 

条文 

第二十四条の三 元請負人は、請負代金の出来形部分に対する支払又は工事完成後における支払を受けたときは、当該支払の対象となつた建設工事を施工した下請負人に対して、当該元請負人が支払を受けた金額の出来形に対する割合及び当該下請負人が施工した出来形部分に相応する下請代金を、当該支払を受けた日から一月以内で、かつ、できる限り短い期間内に支払わなければならない。

2 元請負人は、前払金の支払を受けたときは、下請負人に対して、資材の購入、労働者の募集その他建設工事の着手に必要な費用を前払金として支払うよう適切な配慮をしなければならない。

意訳解説

第一項 元請負人(元請工事業者・下請工事業者でもさらに下請工事業者に依頼する事業者も含む)が、発注者(施主・元請等)と出来高払いの契約をしているときは、完成した工事に対して支払いを受けたら、支払いがあった日から1ヵ月以内の期間内で、出来る限り早く下請工事業者に支払いをしなければならない。

 

第二項 元請人が、前払い金を貰ったときは、下請工事業者に対し、資材の購入や従業員の雇入れ等の建設工事に必要な費用として支払うように、配慮しなければいけない。

 

※下請工事業者の工事が完了したにも関わらず、工事全体が終了しないと支払いがないことを理由に、支払いをしない行為もこの条文に違反することになります。

また、下請工事業者から請求が無いことを理由に、支払いをしない行為も違法行為になります。請求があってもなくても発注者から支払いを受けた後は、速やかに支払いを行うようにしなければいけません。

これは元請負人の義務です。

参考条文

 

参考文献等

 

建設業法
建設業法施行令
建設業法施行規則
建設業法遵守ガイドライン
建設工事標準下請契約約款

 

福岡市で、申請や手続きが面倒だから誰かに頼みたい、もしくは、こんなときはどうするの?と行政(役所)関係のお悩みなどございましたら、福岡市の行政書士陽光事務所の高松がお力になります。
いつでもご相談ください。
お待ちしております。

 

TOPページ
よくある質問
自分でやろう建設業許可申請 
お問い合わせフォーム