元請等の検査と引き渡しに関する義務

 

福岡市で建設業許可申請を主にやっている行政書士陽光事務所の行政書士高松が意訳解説する建設業法

(個人的な解釈であり、参考程度にご覧いただければ幸いです。)

 

条文

第二十四条の四 元請負人は、下請負人からその請け負つた建設工事が完成した旨の通知を受けたときは、当該通知を受けた日から二十日以内で、かつ、できる限り短い期間内に、その完成を確認するための検査を完了しなければならない。

2 元請負人は、前項の検査によつて建設工事の完成を確認した後、下請負人が申し出たときは、直ちに、当該建設工事の目的物の引渡しを受けなければならない。ただし、下請契約において定められた工事完成の時期から二十日を経過した日以前の一定の日に引渡しを受ける旨の特約がされている場合には、この限りでない。

意訳解説

第一項 元請負人(元請工事業者・さらに他の下請工事業者に依頼する下請工事業者も含む)は、下請負人(依頼された工事業者)から依頼した工事が完了したとの報告があったときは、報告のあった日から20日以内で、出来る限り早い日に完成を確認するための検査をしなければならない。

 

第二項 元請負人は、第一項の検査によって依頼した部分の建設工事が完成したことを確認した後は、すぐに、建設工事の完了した部分に関して引き受けを行わなければいけない。ただし、工事完成の時期から20日を経過しないうちの決まった日に引き渡しを受けることが、下請契約によって、契約書面で特約事項としているときは、第一項の規定は適用されない。

 

※この条文は、建設業法第24条の3および第24条の5と関連して覚える必要があります。

引き受けに関しても、元請負人の義務になります。

参考条文

 

参考文献等

 

建設業法
建設業法施行令
建設業法施行規則
建設業法遵守ガイドライン
建設工事標準下請契約約款

 

福岡市で、申請や手続きが面倒だから誰かに頼みたい、もしくは、こんなときはどうするの?と行政(役所)関係のお悩みなどございましたら、福岡市の行政書士陽光事務所の高松がお力になります。
いつでもご相談ください。
お待ちしております。

 

TOPページ
よくある質問
自分でやろう建設業許可申請 
お問い合わせフォーム