許可の申請について

福岡市で建設業許可申請を主にやっている行政書士陽光事務所の行政書士高松が意訳解説する建設業法

(個人的な解釈であり、参考程度にご覧いただければ幸いです。)

 

条文

第五条  一般建設業の許可(第八条第二号及び第三号を除き、以下この節において「許可」という。)を受けようとする者は、国土交通省令で定めるところにより、二以上の都道府県の区域内に営業所を設けて営業をしようとする場合にあつては国土交通大臣に、一の都道府県の区域内にのみ営業所を設けて営業をしようとする場合にあつては当該営業所の所在地を管轄する都道府県知事に、次に掲げる事項を記載した許可申請書を提出しなければならない。

 商号又は名称
 営業所の名称及び所在地
 法人である場合においては、その資本金額(出資総額を含む。以下同じ。)及び役員等(業務を執行する社員、取締役、執行役若しくはこれらに準ずる者又は相談役、顧問その他いかなる名称を有する者であるかを問わず、法人に対し業務を執行する社員、取締役、執行役若しくはこれらに準ずる者と同等以上の支配力を有するものと認められる者をいう。以下同じ。)の氏名
 個人である場合においては、その者の氏名及び支配人があるときは、その者の氏名
 第七条第一号イ又はロに該当する者(法人である場合においては同号に規定する役員のうち常勤であるものの一人に限り、個人である場合においてはその者又はその支配人のうち一人に限る。)及びその営業所ごとに置かれる同条第二号イ、ロ又はハに該当する者の氏名
 許可を受けようとする建設業
 他に営業を行つている場合においては、その営業の種類

 

意訳解説

第1項 二つ以上の都道府県に本店または支店を設置するときは国土交通大臣に、
一つの都道府県だけの時は、都道府県知事に以下の各号の書類に記載をして許可申請する必要があります。

本店、支店とは、常時契約などを行う機能がある営業所のことを言います。

ただ単に、工事の現場事務所や休憩するために設けている施設(建物)のことではありません。営業所とは、契約の決裁権を持つ者が常駐するという意味です。

第1号 会社名または事業所名
第2号 本店・支店の営業所名、所在地
第3号 法人は、資本金(出資額)、役員等の氏名
第4号 営業所に支配人(登記している)がいるときは氏名
第5号 第7条(許可基準)の経営業務の管理責任者の氏名および営業所ごとに必要となる専任技術者の氏名
第6号 許可を得たい業種の建設業(業種表)
第7号 他に業務を行っているときは、その業種

参考文献等

建設工事標準下請契約約款
建設業法
建設業法施行令
建設業法施行規則
建設業法遵守ガイドライン

 

福岡市で、申請や手続きが面倒だから誰かに頼みたい、もしくは、こんなときはどうするの?と行政(役所)関係のお悩みなどございましたら、福岡市の行政書士陽光事務所の高松がお力になります。
いつでもご相談ください。
お待ちしております。

 

TOPページ
よくある質問
自分でやろう建設業許可申請 
お問い合わせフォーム