経営業務の管理責任者とは

建設業の許可を取得するためには、まず経営業務の管理責任者を1名置く必要があり、次の(1)、(2)いずれかに該当することが必要です。

経営業務の管理責任者とは、契約および経営に関しての責任者なので、常勤のみです。(※)

(1)許可を受けようとする業種について5年以上、経営業務の管理責任者としての経験を有している方

 

(2)許可を受けようとする建設業以外の建設業に関し、7年以上経営業務の管理責任者としての経験を有している方

 同一業種は原則5年、他の業種は原則6年と覚えてください。(以前の7年から変更になりました)

経営業務の管理責任者としての経験の証明について

  1. 設会社の役員、個人事業主、その他支店長等の地位にあって経営業務(契約業務も含む)を総合的に執行した経験をさします。
  2. 工事の施工に関する現場事務所長のような経験は含まれません。
  3. 建設業許可を受けずに500万以下の工事を請負っていた経験も、経営業務の管理責任者としての経験に含まれます。
    (ただし、登録が必要な業種は認められないことがあります。)
  4. 経営業務の管理責任者の経験については、過去の経験を証明する書類にて証明を行います。
    経験について、実務経験の期間分を証明する、建設業許可証の写し(なければ、確定申告書等)と、登記簿謄本等と、請負契約書(または工事請書、注文書、請求書等)の写しで証明します。

※次に掲げる者は、取扱い上「常勤」と認められない場合があるので注意してください。

  1. 住所が勤務する営業所の所在地から著しく遠距離にあり、社会通念上通勤不可能な方
  2. 他の営業所(他の建設業者も含む)の専任の技術者となっている方
  3. 他の建設業者の技術者など、他の法令によって専任性を要するとされるものと兼ねている方
    (但し、同一企業で同一の営業所である場合は兼ねることができる場合もあります)
  4. 他に個人営業を行っている、他の法人の常勤役員である等、他の営業所などについて専任に近い状態にあると認められる方
  5. 他の事業所の管理建築士・宅地建物取引主任者に登録されている者。
    (ただし、事業所が同一住所であれば可能な場合もあります。)