この様式は営業の沿革を記入します。

まず、設立から書いていきます。

資本金の増資・本社の移転をしたときなど、事業に係ることはきちんと書きましょう。

次に、建設業の許可を取得なども書いていきます。

また、会社が建設業法の賞をもらったや違反した等の履歴も記載します。

違反があったけど不利だから書かないというのは、バレるので必ず書きましょう。

書類は、正しく書きましょう。

掲載している情報は最新でない場合もございます。

また、掲載している情報は見本であり、事業者によっては異なる場合もございます。提出前に県庁の建築指導課等に確認をお願い致します。

専門家に任せて手軽に県知事一般許可を新規で取得されたい方は、福岡の建設業専門 行政書士事務所 陽光事務所までご連絡ください。

賞罰の欄のみ何もなければ「なし」と記入します。

福岡県の申請書の記入例です。福岡県以外の都道府県では、申請書の記入方法が異なる場合があります。管轄の都道府県の建築指導課にお問い合わせください。