フルハーネス購入で経審に加点があるというウソ

福岡市の行政書士 陽光事務所の高松です。

建設業許可申請・外国人のビザ申請を主に取り扱っております。

初回電話相談は無料です。

フルハーネスを購入しなきゃいけないけど補助金申請は難しいかと聞かれることがあるのと同時に、同業者からフルハーネスを購入すると経審に加点があるというウソの情報を聞くことがありますので、書きたいと思います。

フルハーネス購入の際に補助を受けるには?

フルハーネス購入の時に補助金でなんとか費用を抑えて購入したいとのお話を伺うことがあるのですが、補助金の申請は、購入時ではなく見積もりの段階で申請しないといけません。

そしてこちらのページに書いてある加点と書かれている業種が補助金審査の際に評価の対象となる点数表です。

とび・土工が一番高いのは高所作業が多いからということだと思います
その他にも建設業許可を持っているかとか、建設キャリアアップシステムを導入しているかなどの社会性が評価対象となっていますね。

経審の加点になるというウソ

さて、ここでこのウソについて検証したいと思います。

まず、建災防のホームページに記載の加点という項目を見て前述の補助金の評価点数のことだとは思わず、一般の建設業の方になじみのある経審の点数のことだなと勘違いされた方が言ったことが独り歩きして、あたかも経審の加点になるというのが真実のように吹聴されているのではないかと思われます。

なので、犯人が誰?という問題ではなく、ただの勘違いからそれが真実と思われて話が流布している状況なのでしょう。

そもそも、経審の点数になる評価項目は事業の健全度と社会貢献活動が基盤になっているので、フルハーネスの購入がどちらの項目に該当するか?と言われると、どちらにも該当しないようにも見えるし、あえて言うなら事業の健全度か?とクエスチョンがついてしまいますね。

ですが!!前述のように経審の点数ではなく補助金の審査における評価点数ということがわかれば、何も問題はないのです。

フルハーネス購入を検討されている方は、フルハーネスを購入して経審の加点になることは現時点(2020.09.03)においてはありませんので、このようなウソに騙されることのないようお気を付けください。

本日は、以上です。

福岡で、申請や手続きが面倒だから誰かに頼みたい、もしくは、こんなときはどうするの?と行政(役所)関係のお悩みなどございましたら、福岡市の行政書士陽光事務所がお力になります。いつでもご相談ください。お待ちしております。

TOPページ
よくある質問
お問い合わせフォーム

Copyright ©  福岡市で行政書士なら行政書士陽光事務所All Rights Reserved.