60.建設リサイクル法強化週間、土砂災害対策の助成金について

福岡市の行政書士 陽光事務所の高松です。

建設業許可申請を主に取り扱っております。

 

一つ目の話題は、福岡市で令和元年6月26日水曜日に解体等のリサイクルが必要な現場の廃材等の適正な処理・安全衛生についてパトロールを行うとのことです。

これは福岡市だけに限らず、北九州市・久留米市・大牟田市や福岡県下の工事現場も対象になるようです。

詳しくは建設リサイクル法パトロール強化週間 実施要領のページでご確認下さい。

 

 

二つ目は、福岡市の土砂災害特別警戒区域にある住宅に対する改修や移転をする際に助成するものです。

ただし、改修・移転に関して、どちらも細かい要件があります。

詳しくは、福岡市ホームページをご確認ください。

 

因みにこの助成金は、福岡市の建築指導課に事前相談を行ったのちに、助成金申請をして、助成決定の通知後に、工事の契約を行い、工事が完了、工事業者に支払いが終わってないともらえないお金ですので注意が必要です。

 

 

三つ目も、建築物に関する助成金の話題です。

道路に面している高さが、2.2m以上の自宅のブロック塀や1m以上のブロック塀に傾きやひび割れがあり倒壊の可能性が高いものに対しては、ブロック塀の除去工事に関して最大15万円を補助する制度があります。

 

もしも万が一ブロック塀に問題があり、倒壊してしまい、人にけがをさせた場合などは、そのブロック塀を所有している人の責任になるので、十分に安全性を確認して安心して暮らせるおうちにしましょう。

 

こちらは、福岡市の建築物安全推進課に事前相談が必ず必要です。詳しくは、福岡市のホームページでご確認下さい。

 

二つ目も三つ目も相談もせずに工事をしたのちに、助成金くださいと言ってももらえません、気を付けましょう。

 

 

本日は以上です。

 

福岡で、申請や手続きが面倒だから誰かに頼みたい、もしくは、こんなときはどうするの?と行政(役所)関係のお悩みなどございましたら、福岡市の行政書士陽光事務所がお力になります。いつでもご相談ください。お待ちしております。

 

 

TOPページ
よくある質問
お問い合わせフォーム