61.建設業許可が無いor新規申請中or更新申請中に出来る工事を教えてください

福岡市の行政書士 陽光事務所の高松です。

建設業許可申請を主に取り扱っております。

本日は、以前から書いていますが、最近検索で探して来られる方が多いキーワードについて書きます。

  1. 許可が無い(建設業法3条1項,建設業法施行令1条の2)
  2. 新規の建設業許可申請中
  3. 建設業許可更新申請中(建設業法3条4項)
  • 有効期限を迎えていない
  • 期限が到来し切れている

1.建設業許可が無い場合には、建設業法第三条第一項と建設業法施行令1条の2に書いている通り、500万円以下の工事または建築一式工事で150㎡以下、1500万円以下の木造工事は請負うことができます。

2.建設業許可申請中は、許可が無いのと同じことなので1と同様になります。

県知事許可は、申請日よりおおよそ2ヵ月で許可が出るので、お待ちくださいとしかお伝えできません。

   

3-①の許可更新中で、許可の期限が来ていない場合には何も気にすることなく許可があるものとして通常通り業務が可能です。

3-②の許可更新申請中で許可が切れている場合が、少し厄介なので箇条書きにします。

  • 許可が切れる前に請負契約を交わしている工事は、許可が切れているとしても施工可能です。
  • 許可の期限が到来し、許可が切れた場合は、許可が無いものとして取り扱われるので許可が無くても可能なの工事は受注することができます。

県知事許可の更新については、通常一カ月くらいで更新完了の通知が来るので、通知が来るまでの期間は我慢するほかないでしょう。

本日は以上です。

福岡で、申請や手続きが面倒だから誰かに頼みたい、もしくは、こんなときはどうするの?と行政(役所)関係のお悩みなどございましたら、福岡市の行政書士陽光事務所がお力になります。いつでもご相談ください。お待ちしております。

TOPページ
よくある質問
お問い合わせフォーム