コロナよりも別の病気になりそうな気さえしてしまう

福岡市の行政書士 陽光事務所の高松です。

建設業許可申請・外国人のビザ申請を主に取り扱っております。

初回電話相談は無料です。

ここ半月ほどは、毎日毎日コロナコロナと騒がしく、マスク以外にもトイレットペーパーやティッシュなども買い占めになったりして異常事態だなと思うのです。

こうなってくると新聞も新型肺炎の予防や学校の休校など暗い話題ばかりになってきています。そして、元はコロナウィルスなのでどこかで読んだ話題を何度も読まされていては、読むほうも疲れてきます。書いている記者さんたちはもっと楽しくないでしょうけどね。

ちょっと前までの政権批判とか株価がどうとかの話題で埋め尽くされている方がましに思えてくるから不思議です。

そのような状況の方が、平和なのかもしれませんね。

さて、トイレットペーパーの話題ですが、先日の日曜日に弊所とお付き合いのある会社の事務員さんが自宅用のトイレットペーパーを買いに朝9時半開店のお店に9時10分に行って15番目に並んでいたそうです。

それが、9時半の開店時には70人を超す行列になっていたのだとか、それでもなんとかお目当てのトイレットペーパーを買ったはいいものの、お店を出ようとしたところ、次から次に入ってくるお客さんに押されて、そんなに広くないお店なのに外に出るのに10分近くかかったとか・・・

製紙業の会社から、国内生産品なので供給が無くなるということは考えられないとの発表があったのに、買いに行ってしまったりすることはある意味根拠の無い情報に振り回されているように思います。

根拠の無い情報に振り回され続けていると、最終的に信頼できる情報源を見失ってしまう可能性が高くなってしまいます。

そのため、何も信頼できない状況に追い込まれ、別の精神的な病気になってしまうのでは?と、私は少し不安になってしまいます。

私は、買えないマスクを無理に購入するよりも、人が多く集まる場所には不用意に近づかないことと、まめにうがいをして手洗いをしてきちんと睡眠をとる方が良いと思っています。

マスクでも100%菌を防げるわけではないし、うがいで全ての菌を洗い流せるわけでもないので、気休めかなと思ってるところはありますけどね。

一番怖いのは品薄を煽って、不要な物を買わせてしまう情報操作のようなものじゃないかと思っています。

どのようなものにせよ信頼できる情報源の見極めと確保が重要じゃないでしょうか。

本日は、以上です。

福岡で、申請や手続きが面倒だから誰かに頼みたい、もしくは、こんなときはどうするの?と行政(役所)関係のお悩みなどございましたら、福岡市の行政書士陽光事務所がお力になります。いつでもご相談ください。お待ちしております。

TOPページ
よくある質問
お問い合わせフォーム

Copyright ©  福岡市で行政書士なら行政書士陽光事務所All Rights Reserved.