料飲店等期限付酒類小売業免許について

福岡市の行政書士 陽光事務所の高松です。
建設業許可申請・外国人のビザ申請を主に取り扱っております。
初回電話相談は無料です。

本日は、料飲店(いわゆる飲食店)が仕入れたお酒をお客様の要望があったときに、特別にお酒を販売できる許可を半年間の期限付きで取得することができるという内容になります。

コロナウィルスの蔓延によって、「感染を防ぐために自宅に持ち帰って食事を取りたい、出来ればお店においてある美味しいお酒を一緒に楽しみたい。」と希望するお客様の要望に応える内容になると言えるでしょう。

ただし、この免許は再度書きますが半年間の期限付きの免許になりますし、令和2年6月30日までの申請した人に限られますので、かなり限定的な許可になります。

料飲店等期限付酒類小売業免許の書類の作り方が分からないという方は、弊所にご依頼いただければ7万円と消費税(福岡市隣接の市町村は通信交通費込)で速やかに対応致します。

良いサービスの提供

お客様にとっては、お店の美味しい食事と一般の酒販店では買うことができない美味しいお酒を家で楽しむことができるチャンスですね。

多くの飲食店では、食事に合うお酒を用意していると思われますので、お客様に美味しい食事とお酒をご自宅で楽しんでいただけるサービスの一環となることでしょう。

また、お店の店主さんのこだわりで、この料理は、このお酒で楽しんでほしいとの要望も伝えやすくなりますね。

食事だけでは、少し物足りないと思っていたお客様にお酒を提供できることによって、十分喜んで頂ける内容になることは、間違いないでしょう。

いまや、常に予約でいっぱいだったお店でさえもお客様の獲得が難しい現状になってきている現状です。

この機に、騒動終息後に向かって安定的なファンを増やせるチャンスではないでしょうか。

このコロナ騒動も、必ず終わりはやってきます。だから差別化!!

終息後の経営のことを考えると、今から安定的にファンを増やしていくことが必要となるでしょう。

店舗で食事をする方が減って、もしくは店舗での食事をお断りしている現状では、テイクアウトに望みをかけているお店が増えているのは周知の事実だと思います。

テイクアウトだけじゃなく、今こそ他店との差別化を行い、無理のない範囲でファンを増やす対応が求められているのではないでしょうか。

6月30日までの申請で、かつ、半年間の期限付きの特例なので、対応するなら今しかありません。

繰り返し書きますが、弊所に料飲店等期限付酒類小売業免許の申請依頼をご依頼いただく際は、7万円と消費税(福岡市隣接の市町村は通信交通費込)で対応致します。ぜひ、ご検討下さい。

本日は、以上です。

福岡で、申請や手続きが面倒だから誰かに頼みたい、もしくは、こんなときはどうするの?と行政(役所)関係のお悩みなどございましたら、福岡市の行政書士陽光事務所がお力になります。いつでもご相談ください。お待ちしております。

TOPページ
よくある質問
お問い合わせフォーム

Copyright ©  福岡市で行政書士なら行政書士陽光事務所All Rights Reserved.