自転車事故に関すること(TSマーク)

福岡市の行政書士 陽光事務所の高松です。

建設業許可申請を主に取り扱っております。

 

最近、自転車の事故に関するご相談を多くいただきます。

前はこんなに自転車事故って多かったかなと思いますが、増えているのかもしれません。

自転車は毎年整備して保険(TSマーク)に加入がおすすめです

たかが自転車のために、個人賠償責任保険で毎月1000円近く払うのはもったいない。という方も見かけないわけではありません。

そんな方に、お勧めしたいのがTSマークと呼ばれる保険です。

 

TSマークは、公益財団法人日本交通管理技術協会と三井住友海上火災保険が共同でしている保険です。

自転車販売店で購入すると「毎年、点検を受けると点検費用○○円払うだけの賠償責任保険ありますから、毎年点検を受けに来てくださいね」と言われることのあるアレです。

 

TSマークは、自転車安全整備士と呼ばれる自転車専門の整備を行っている人がいるお店で、自転車の整備を受けると貼ってもらうことができます。

 

TSマークの有効期間は一年ですので、定期的に更新する必要があります。

でも毎年、TSマーク取り扱いの自転車店で自転車の点検を受けていれば更新されるので安心ですね!

きちんと整備された自転車を利用することができるので、良い状態の自転車に乗ることができます。
チェーンが外れやすくなるやブレーキがうるさいなどの古い自転車にありがちなトラブルも避けることができます。

 

TSマークが欲しいと思ったけど少し古い、または、別のお店で買った自転車だし・・・と思っても大丈夫です。

TSマーク扱いのあるお店で整備を受ければ、購入店は違ってもTSマークを貼ってもらうことができます。

 

注意することがあるとすれば、TSマークは自転車を操縦している人は、保証の対象外です。

あくまでも、他人に怪我や被害を与えてしまったときしか使えないので、お気を付けください。

運転者の怪我は、傷害保険でカバーするようにしましょう。

※注 整備にかかる部品代は別負担です

TSマークの保証は二種類あります。

第一種と第二種です。

保証が手厚いのは第二種の赤いTSマークになります。

第一種・第二種のどちらか片方しか一店舗では取り扱えないので、お店の方に確認するようにしましょう。

できれば、第二種の赤いTSマークを取り扱っているお店がいいかもしれませんね。

詳しくは、公益財団法人日本交通管理技術協会のホームページでTSマークの説明をご覧ください。

 

本日は、TSマークのことを書きましたが、火災保険に加入している方やクレジットカードを持っている方は、個人賠償責任保険が附属してついている場合もあります。

個人賠償責任保険に加入する前に保険の対象や範囲などを保険屋さんまたはカード会社に確認するようにしてください。

 

自転車によく乗るなどの方やよく乗る方がご家族にいる場合は、自転車の定期点検(TSマーク)と個人賠償責任保険等、そして受傷事故なども踏まえて傷害保険に加入されることをお勧めします。

※弊所はTSマークとは一切関係ありませんが、自転車事故の多さを感じこの記事を書きました。

 

本日は、以上です。

 

福岡で、申請や手続きが面倒だから誰かに頼みたい、もしくは、こんなときはどうするの?と行政(役所)関係のお悩みなどございましたら、福岡市の行政書士陽光事務所がお力になります。いつでもご相談ください。お待ちしております。

 

 

TOPページ
よくある質問
お問い合わせフォーム