通潤酒造と豆銘

福岡市の行政書士 陽光事務所の高松です。

建設業許可申請を主に取り扱っております。

 

先日の神社巡りの続きです。

神社でさわやかな気持ちになった後は、さわやかな気分で一杯としゃれこむことにしました。

 

実を言うと、前回来た時にお土産だけ何か買って帰ろうとササッと選んだのが通潤酒造の「蝉」でした。

とっても美味しかったので、余裕があるときに伺いたいなあと思っておりました。

酒造に行きたいと思うようになったのも蔵開きに行き始めた影響かもしれません。

 

そんなわけで、その日は急いで帰る必要もなかったので通潤酒造へ

3月30日に新しくなった建物ということで、新築の木のいい香りがしていました。

 

そして、寛政蔵はこちら

 

 

 

 

有料試飲ができるとのことでしたので、メニューはこちら

 

 

 

 

 

とりあえず、私は1000円の飲み比べセットと妻はノンアルコールセットをお願い致しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3つともすごく飲みやすくて美味しいお酒でした。

「これは、もう少し飲まないとよく分からないな」妻にとっては意味不明なセリフを吐き出し調子に乗って、勝手に大吟醸(無濾過生原酒)と咲酒醸(貴醸酒)を注文してました。

 

 

 

 

 

大吟醸は飲んでしまったのですが、奥のグラスです。

写真に写っているのは、貴醸酒の咲酒醸です。

一番左はトマトジュースが入ってました。

感想ですが、大吟醸の方は米の味をしっかり感じることができる風味の強いお酒でした。

咲酒醸は、甘くてとろけるような優しい味の日本酒でした。

個人的には、ぬか漬けなどの味の濃いものを合わせていただくといいかなと思いました。

 

咲酒醸は通常読めないので、読み方を書きますと「えみささかもし」と読み、貴醸酒(きじょうしゅ)だとのこと

通常、お酒は水で仕込みを行うのですが、貴醸酒は仕込みに日本酒と水を使うとっても贅沢なお酒なんです。
お酒と水の割合は、蔵によって異なると思いますので数値では書きません。

 

基本的に貴醸酒は甘めでまろやかなので、女性好みのお酒だと思います。

ただ、アルコール度数が若干高めなので飲みすぎには注意です!!

 

そんなこんなで、神社巡りをした後に、通潤酒造で5杯ほど飲ませていただき、大満足の休日を過ごすことができました。

 

機会があれば通潤酒造にもう一度行きたいです。

 

 

あ!!豆銘のことを書き忘れておりました。(写真はありません)

豆腐をもろみで150日以上漬け込んで、発酵と熟成させたもので通潤酒造と同じ山都町の名産品です。

ちなみに、豆銘は山内本家と(株)豆銘の二か所で販売していますが、(株)豆銘の方のお話によると、山内本家が親会社で(株)豆銘が子会社なので同じ製品を販売していますとのことでした。

 

この豆銘は、色々表現があるとは思いますが、私は、チーズのような濃厚さと甘味を感じがしました。

 

通潤酒造のお酒と合わせると美味しくて何倍でも行けるのではないかと思いました。
ちなみにラム酒(パッサーズ15年)でもどうかなと思い試してみました。相性はとても良かったです。

人によって味覚が違うので、色んな人が食べて感想をくれるといいですね。

 

本日は、以上です。

 

福岡で、申請や手続きが面倒だから誰かに頼みたい、もしくは、こんなときはどうするの?と行政(役所)関係のお悩みなどございましたら、福岡市の行政書士陽光事務所がお力になります。いつでもご相談ください。お待ちしております。

 

TOPページ
よくある質問
自分でやろう建設業許可申請 

お問い合わせフォーム