釣りを始める前に色々気になったこと

福岡市の行政書士 陽光事務所の高松です。

建設業許可申請を主に取り扱っております。

 

友人に以前から「一緒に釣りしましょうよ」と誘われていたのですが、あまり興味もなかったのでやってきませんでした。

最近、なんか釣りでもしてみようかなーと思い始めたのでお誘いもあったし始めることになった次第です。

 

昔、スキューバダイビングをしていたころに撒き餌の問題がかなり取り上げられていたので、釣りって何かルールと気にしないといけない法律あるのかな?と興味を持って調べると色々情報があるものですね。

 

個人が釣りを楽しんだりすることは遊漁という。
漁というカテゴリーに分類されるんですね。

 

一番初めに釣りのルールを学ぶ上で参考にしたのは、公益財団法人 日本釣振興会のホームページです。

 

振興会のページで「海のルールとマナー教本」を一通り読んでから、都道府県ごとに規制が異なるということを学びました。

 

次に、都道府県の前に水産庁のホームページでは、遊漁の部屋というページで簡易的な情報が掲載されていますし、遵守法令の記載もありました。

こちらのページに、この漁法は、この都道府県ではダメとか都道府県別の記載もあります。

ミニボート操縦の注意点は、国土交通省のアカウント(Syuteishitsu)でyoutube配信されています。

※ミニボートとは、船舶免許が無くても操縦可能な小型ボートのことです。

 

最後に都道府県を見るかと、福岡県の水産局水産資源課のページをチェックするとアレ?アレ?というのがあったので何個か書きます。

 

まず一つ目が、福岡県でクロマグロ採捕の停止と書いてあったのですが、クロマグロって太平洋の魚じゃないの?

マグロは温暖な海にしかいない魚というイメージがあったので日本海にしか面していない福岡に関係あるのか???と思っておりました。

実は、玄界灘で取れるらしいです。

玄界灘って海の幸が豊富なんだと改めて実感しました。

 

次に、マダコを捕まえるときのルールで400g以下のものは捕まえないこととなっていますが、タコってそんなに簡単につかまるものなの?ということです。

タコは壺状のものを海に放り込んで待たないと取れないと思っていたのに、釣り竿で釣れるって初めて知りました。

400g以下のタコを採取禁止になっていますが、釣れたとしてもあんなにグネグネ動くものをどうやって測るの?という疑問は残ったままですが、タコ釣りは非常に難しいらしいので、私には関係ないこととして気にしないことにしました。

 

最後に気になったのが釣り道具のことです。

やはり釣りをしに行くので釣りたいけどルアーかな?えさかな?何でやるのがいいのかな?と思ってyoutubeを見ていたらゾンベイト(zombeit)というとんでもないものを見つけてしまいました。

アメリカでは生餌を使った釣りが一般的らしいのです。しかし、釣りに行っている最中に魚が弱って死んじゃうことが多いので、生餌のように見せられないかと考えられた商品なのです。

ただ、動画は賛否あると思うので載せませんが、個人的には「そこまでしなくても・・・」と思いました。

結局ルアーで釣りすることに決めました。

 

以上が、私の気になった釣りのことでした。

 

他の方は、別のことが気になるとは思うので、ご自身の気になるワードで確認してみてください。

 

本日は、以上です。

 

福岡で、申請や手続きが面倒だから誰かに頼みたい、もしくは、こんなときはどうするの?と行政(役所)関係のお悩みなどございましたら、福岡市の行政書士陽光事務所がお力になります。いつでもご相談ください。お待ちしております。

 

TOPページ
よくある質問
お問い合わせフォーム