46.建設業許可申請中に工事はできるのか?

状況にもよりますが、出来る工事と出来ない工事があります。

1.新規建設業許可申請中
2.建設業許可更新申請中

まず、申請中となるのであればこの二つです。

そもそも、1の新規許可申請中は、建設業許可を持っていないので、許可証を受け取るまでは500万円未満の工事しかできません。

新規許可申請中の期間内は、500万円未満の工事はできると覚えておきましょう。

500万円以上の工事は、許可証が出てから請負うことになります。

2の許可更新申請中については、二つのパターンが考えられます。

(1)建設業許可証に記載の期間内に更新申請をしていて、許可の期間内ではあるけど更新申請中という場合でしょう。
この場合は、期限が切れていないので、金額を気にせずに工事を請負うことができます。

(2)許可期限ぎりぎりに更新申請をしていて、許可の期限を過ぎてしまっているが、更新の許可が出ていない場合です。
この場合には、許可の期限が切れる前に請け負った工事については、500万円以上であっても構いません。

しかし、許可の期限が過ぎた後は、期限が更新された許可証を受け取るまでの間は、500万円未満の工事しか受注できなくなりますので注意が必要です。

だから、更新申請は建設業者が500万円未満の工事しかできないというような状況を回避するために3ヵ月から1ヵ月以上前に出すようになっているのです。

建設業の許可更新に関しては、早めに更新申請を出すようにしましょう。

福岡で建設業許可のことでご相談があるときは、福岡市の建設業専門 行政書士陽光事務所に、いつでもお気軽にお問い合わせください。