50.入札のはなし(入札参加資格の申請方法)

福岡市の行政書士 陽光事務所の高松です。

建設業許可申請を主に取り扱っております。

 

入札参加資格申請の申請方法に関する説明を簡単に書きます。

 

大きく分けると申し込みは3つの形態になります。

  1. 郵送
  2. 持参
  3. インターネット+1か2

 

1の郵送は、書類と相手先に到着する日時と送付した日の受付印だけ気を付けていれば、特に問題ありません。

というより、経験上、一番手間がかからない楽な方法だと思います。

 

2の持参は、特に説明は必要ないのですが、あえて書くなら、市町村によっては、市内(町村内)事業者は持参・市外(町村外)の事業者は郵送とか分けてあるところがあります。

一部を見て、忙しいからと勝手に郵送にしてしまうと受け付けてもらえない可能性もあるため、募集要項はきちんと読むようにしましょう。

持参は、時間がかかることを除けば不備があってもすぐに対応できるので、初めての申請とかになるとこの方法でいいかなと思えます。

 

3のインターネットが一番くせ者です。

まず、受付期間内にインターネットから申請を行い、その後に郵送若しくは持参となります。

このインターネットからの申請については、会社の頭文字があ行なら何日から何日までと決まっていることが多いので要注意です。

 

そもそも、ネットで申請した後に書類を郵送か持参するなんて

非効率的過ぎるのでは?と思われる人が多数を占めるのではないかと思いますが!!!

その非効率的作業もこなせる業者じゃないと、入札して工事受注した後に何があっても確実に工事を完成させられないだろう?と深い読みがあるのかなと前向きに考えれば、そんなもんかなと思えるでしょう。

 

ちなみに、私は、行政書士業務でネットで完結する業務なんて一つしか知りませんし、それも届出だけなので申請業務がネットで完結する時代はいつ来るのか疑問でしょうがないです。

とはいえ、ネットで完結する業務が増えちゃうとAIにとってかわられる時代になってしまうので、それはそれで困りますが(笑)

 

福岡で、申請や手続きが面倒だから誰かに頼みたい、もしくは、こんなときはどうするの?と行政(役所)関係のお悩みなどございましたら、福岡市の行政書士陽光事務所がお力になります。

いつでもご相談ください。お待ちしております。

 

TOPページ
よくある質問
自分でやろう建設業許可申請 

お問い合わせフォーム